0120631881 ムザイ ハヤイ 通話無料 即日対応/年中無休/24時間無料相談受付
メールでのお問合わせ

MENU

覚せい剤で逮捕されたら | 刑事事件の弁護士ならあいち刑事事件総合法律事務所

刑事事件・少年事件に強いあいち刑事事件総合法律事務所へお任せください。

刑事事件あいち刑事事件総合法律事務所

0120631881 ムザイ ハヤイ 通話無料 即日対応/年中無休/24時間無料相談受付
メールでのお問合わせ

覚せい剤で逮捕されたら

覚せい剤で逮捕されたら

覚せい剤が禁止された薬物であることは、もはや誰もが知っている事実でしょう。芸能人が覚せい剤に手を出して捕まった、などというニュースは後を絶えません。
ですが、覚せい剤に手を出してしまうと、法律上、どのようなことになってしまうのか、すぐにイメージはつかないかもしれません。
麻薬に手を出せば、逮捕された上で、公開の法廷で裁判を受けることとなり、場合によっては刑務所に行くこともありえます。
 ここでは、覚せい剤に関する罪にはどのようなものがあるか、罪に問われた場合、どのような対応をしていけばいいのかについて、解説していきます。

覚せい剤に関する罪にはどんなものがある?

日本では、覚せい剤は、覚せい剤取締法によって、規制されています。

覚せい剤取締法では、

  • 覚せい剤の、輸入、輸出、製造について1年以上の懲役
  • 所持、譲渡、譲受、使用について10年以下の懲役

が、法定刑として定められています。また、これらを営利目的で行うとそれぞれより重い刑が科されることになります。

 また、覚せい剤取締法別表ないし政令で指定される覚せい剤原料の、輸入、輸出、製造については、10年以下の懲役が、所持、譲渡、譲受、使用については、7年以下の懲役が、法定刑として定められています。これらについても、営利目的で行うとそれぞれより重い刑が科されます。

 これらの罪について、起訴されれば公開の法廷で裁判を受けることとなり、有罪判決となれば、懲役刑を科されることになります。

覚せい剤に関する事件で捜査を受けたらどうすればいい?

1、すぐに弁護士に連絡する

事件を起こしてしまった場合、一刻も早い弁護士への連絡がその後の明暗を分けます。時間と手続が進むにつれ、弁護士がとれる手段は、どんどん減っていきます。

2、弁護士と一緒に自首する

自首をすれば、良い情状として扱われ、刑を軽くしてもらえる可能性があるばかりでなく、逃げたり証拠を隠したりする心配はないということで、その後、身柄が開放される可能性が高くなります。

3、自分がやったのではないと主張する

たとえ自分の所持品や家の中から覚せい剤が出てきたとしても、知人の荷物が紛れ込んでいた場合や、それが覚せい剤だとは思っていなかったということで、覚せい剤所持の認識がない場合など、犯罪が成立しない場合は、多数存在します。このような場合には、捜査機関や裁判所に、覚せい剤所持の故意がなかったことを説得的に説明しなければなりません。

このような否認事件では、事件が明らかになったら直ちに弁護士に相談しましょう。なぜなら、捜査機関からの取調べ・捜査に対しては、不利な証拠が作られないように対応していく必要があり、被疑者・被告人側の事情は、的確に説明しなければならないところ、こうした弁護活動は、早期に着手しなければ、捜査機関の後手に回ることになり、手遅れになってしまうからです。

刑事事件に強い弁護士が早い段階で付けば、取調べへの対応をアドバイスしたり、故意がないことを裏付ける事情を主張したりすることで、故意がないことを捜査機関や裁判所に分かってもらい、不起訴処分や無罪判決を勝ち取るための有効な活動ができます。

4、身体拘束を解いてほしい・家族との面会を認めて欲しい

覚せい剤取締法違反のような薬物事件では、覚せい剤を手に入れるために薬物の売人と接触したり、友人や恋人と使用したりすることから、共犯者がいることが大半であり、また、覚せい剤自体、トイレに流すなどで、隠匿や処分が容易であることもあり、共犯者との接触や、証拠物である薬物の隠滅を防ぐために逮捕・勾留がなされることが多いです。また、家族を利用して証拠隠滅をする可能性があるとして、家族との面会も認められないということも多いです。

このような場合についても、弁護士がついて、捜査機関に短期間での捜査を求めることや、起訴後に保釈請求をすることにより、比較的短期での身体拘束で済ませることが出来ますし、家族は事件とは無関係であると説得的に主張して、家族との面会を認めさせることができます。

5、更生に向けた活動をして、良い情状を作る

覚せい剤を使ったことにより精神を侵されると、薬物を手に入れるためや、薬物による幻覚のために、いずれ自分や人を傷つけるに至ることは、間違いありません。捜査機関や裁判所としても、被疑者・被告人が、薬物から手を引くことが出来るか、更生することが出来るか、に最大の関心を持っています。そのため、薬物事件においては、覚せい剤の危険性をしっかりと理解する・専門機関のカウンセリングを受けるなど、被疑者・被告人の更生のための活動が非常に重要になってきます。

 また、更生のための活動については、努力を裁判所にアピールし、良い情状として汲んでもらうことで、刑を軽くすることも必要不可欠です。その際には、薬物事件の経験豊富な弁護士の助力が重要になります。

覚せい剤に関する事件なら、刑事事件専門の弁護士にお任せください

「覚せい剤に関する事件」なら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所へご相談ください。

刑事事件をに強い弁護士が、直接、「無料相談」を行います。

万が一、被疑者が逮捕された事件の場合、最短当日に、弁護士が直接本人のところへ接見に行く「初回接見サービス」もご提供しております。

覚せい剤に関する事件を数多く解決してきた実績をもとに、あなたや、ご家族が納得できる結果を得られるよう、全力でサポートいたします。

あらゆる刑事事件に精通しています!

  • 脅迫・暴行罪

    脅迫・暴行罪

  • オレオレ詐欺

    オレオレ詐欺

コラム

Top